オフィシャルブログ

2013.06.14更新

法律相談の需要は減少しているのでしょうか。
弁護士会館で行っている市民向けの法律相談は、件数が確実に減少しています。

しかし、だからといって、需要そのものが減少しているということではないと思われます。
弁護士に相談しなくても、法的知識はインターネットなどで容易に得られるし、弁護士以外の他士業でも法律相談が実施されており、市民にとってのチャンネルは増えているといったところから、弁護士のところへ来られる人が少なくなっているのではないかと思われます。

そうすると、弁護士は、その専門職者としての能力を発揮して期待に応えるために、法律相談という市民の方々にとってまず最初の接触の場面においても、他との十分な競争力を持たなければいけないということになります。

つまり、相談を要する人のため、対面で、じっくりと話しを聞き、どこからでも得られるような一般的で抽象的な回答にとどまらず、その個別事案に即した的確な助言や指導ができなければ、弁護士が行う法律相談としての魅力はないし、他に、流れていくということになるでしょう。

そのようなことを考え、そのような法律相談を提供したいと、常々思っているところです。
お悩みのある方は、是非、当事務所にお越しください。
期待を裏切らないと思います。







投稿者: 田中茂法律事務所