オフィシャルブログ

2012.11.02更新

弁護士会の子どもの権利委員会と京都家庭裁判所との少年事件に関する協議会に参加してきました。
成人の刑事事件の手続と少年保護事件の手続は、ずいぶん違うところがあるのですが、意外にも、ベテラン弁護士において、エッというような活動をしていることが、書記官の報告で分かりました。

少年事件は全件、弁護士付添人を付けるのだ、と日弁連もぶち上げていますので、そのような弁護士にもしっかり勉強してもらいたいですね。
自戒も込めて。


投稿者: 田中茂法律事務所