弁護士インタビュー



ホームページをご覧頂いている方に、田中茂法律事務所の特徴、また代表弁護士・田中茂の人となりをご紹介します。

 

Q

弁護士を志したきっかけは?

A

大学で法学部に在籍し、その頃より法曹の道に進みたいと思っておりました。一時は検事や裁判官への道も考えましたが、ある先輩弁護士の方との出会いにより、私は「弁護士への道」を歩み始める決意を固めました。
その先輩弁護士というのは、何ごとにも動じない、非常に強い正義感の持ち主で、かつ何があっても弱音を吐かない方でした。この先輩弁護士の姿は私の「理像の弁護士像」であり、少しでもその方のような弁護士になれるよう、日々努力を重ねている次第です。

Q

どのようなご相談を得意とされていますか?

A

当事務所は個人の方、企業の経営者の方など、様々な方のご相談に対応できる体制を整えておりますので、どれか1つの分野に特化しているというよりも、幅広いご相談に対して適切なサポートを行うことができる点を強みとしております。

Q

「弁護士は敷居が高い」というイメージがありますが、そのことについてはどう思われますか?

A

一度当事務所にお越し頂ければ、そうしたことは「ただのイメージ」でしかないということがお分かり頂けるかと思います。
これまでのご相談者の中にも、「敷居が高いイメージがあったので、最初は相談しに行くのを躊躇した」という方がいらっしゃいましたが、実際にご相談をおうかがいした後、またはお悩みが解決した後には、「イメージと違って、相談しやすかった」「こんなに丁寧に話を聞いてもらえるとは思ってなかった」とおっしゃって頂いております。
またまだ弁護士に対して「敷居が高い」「費用がかかる」「相談しにくい」というイメージを持たれている方も大勢いらっしゃると思いますが、そうしたイメージにとらわれることなく、お気軽にご相談して頂けたらと思います。

費用につきましても、ご不安な方は「法テラス(日本司法支援センター)」の援助制度をご利用頂くことで費用の立て替えも可能です。私は日本司法支援センター京都地方事務所副所長も務めさせて頂いておりますので、制度利用についても詳しくご説明させて頂きます。

Q

弁護士をしていて、どのような時にやりがいを感じますか?

A

ご相談者様のお悩みをより良い形で解決できた時、またその時にご相談者様から感謝のお言葉を頂戴した時です。これに勝る喜び、やりがいはありません。

Q

田中茂法律事務の今後の展望について教えてください

A

地域の方々に寄り添い、それがどんな小さなお悩みであれ1つ1つ丁寧に解決していくという、これまで当事務所がやってきたことを継続する、それが「田中法律事務所の今後の展望」です。
「これまでやってきたことを継続する」というのは、口で言うのは簡単でも実際にやるとなるととても難しいことです。しかしこれまでの信念を失うことなく、今後も「これまでと同じであり続ける」ために努力して参ります。

Q

ホームページをご覧頂いている方へ、メッセージをお願いします

A

弁護士に相談することで、光明が見出せる問題というのはたくさんあります。なので、お一人で悩むのではなく、まずは一度当事務所までご連絡ください。
豊富な実績と経験があり、また幅広いご相談に対応可能な当事務所なら、「どうしたらいいのか分からない…」そんな問題でも解決することができるかもしれません。

諦めることなく、田中茂法律事務所のドアを叩いてみてください。
きっとそれが、あなたを悩ませる問題を解決するための「第一歩」となるはずです。